屋形船から見る日本の四季

お花見を屋形船で楽しむには

お花見を屋形船で楽しむには 屋形船でお花見を楽しむためには大きく分けて二通りの方法があります。
まずは昼間の明るい時間帯に屋形船でゆっくりと川沿いの土手などに咲いているお花を眺めるという方法です。
普段は土手から水辺に向かってみるお花が、川側から見ることができるので、いつもとは違った雰囲気を味わうことができます。
船の上からみる桜などの花は新鮮な感動を得ることができますし、展望デッキなどを備えている船を利用すれば、たくさんの桜などの花の咲いた風景を一人占めすることができます。
また料理を食べたりお酒を飲んだりしながら、心地よい船旅を楽しめます。
もう一つの方法は夕方から夜にかけての屋形船でのクルーズです。夜になると花見スポットもライトアップされますから、昼間とは違った幻想的な雰囲気を楽しむことができるでしょう。
屋形船を利用すれば、他の花見客などを気にすることなくゆっくりと料理やお酒を飲んだり食べたりしながらお花見を楽しむことができるのです。

屋形船の予約はいつまでにしておくべき?

屋形船の予約はいつまでにしておくべき? ゆっくりと食事などをしながら景色を堪能することが出来る屋形船が近年再び人気が出ています。
観光だけではなく、屋形船はデートや会社の飲み会や友人同士と楽しむためにも利用されることが多いのですが、気になるのがどれくらい前に予約をしておくべきかということです。
屋形船の利用客が集中するのは花見のシーズンなどイベント時には平日でも利用客が集中しますので、最低で一ヶ月前までには予約しておくことが大切です。
春から秋にかけては利用者も多いため、イベントがない時期でも週末の利用なら二週間前までに、平日なら一週間前までと余裕を持っておくことが大切です。
寒い時期になるとイベントなどがない場合は利用客も少ないため、三日前でも空きがあることが多いと言えます。
しかし、屋形船は貸しきりである場合も多いですので、利用客が限られているため、利用する日程や人数が決定しましたら、出来るだけ早めに予約を入れることが大切となります。